初心者のためのアコースティックギターサイト k.natsu.brand.81 初心者のためのアコギサイト
サイトマップ
ギター弾き方講座 弾き語り用コード譜 ギターメンテナンス YouTube特集 掲示板 ギターリンク集 ギターチューニングFLASH ギターコード表 管理人プロフィール

アコースティックギターの弦の張り方

靴の紐は自分で結ぶように、ギターの弦も自分で交換しましょう。

ギターの弦交換は頻繁にするものではないので、覚えたつもりでも忘れてしまったりします。巻き方を間違えると音のビビリの原因になるので、巻く方向などポイントを押さえて交換するようにしてください。弦の張り方にはいろいろ種類がありますが、ここで紹介してる弦の交換方法が一番簡単なやり方です。

サイトトップ > ギターメンテ > アコースティックギターの弦の張り方
(ストリングワインダーで)ペグを回し、弦を緩めます。ストリングワインダーにはブリッジピンを抜く部分があるのでそこを使うと簡単にピンが抜けます。ブリッジピンが抜けにくい場合は、ニッパーかラジオペンチで引っこ抜くといいです。
弦を入れてブリッジピンをはめる

弦にリングがくっついている方をブリッジの穴に入れます。そのあとブリッジピンを刺します。

ブリッジピンには溝が掘ってあります。弦の当たる所に溝を合わせてください。

弦を巻いているとブリッジピンが抜けてくる時があります。そんな時はピンをキツく穴に入れるか、ピンを手で押さえながら弦を張っていってください。

弦の巻き方

余った弦は上に来るようにして巻いていってください。

ボディーから来る弦が下、余った弦が上に来るのが基本的な巻き方です。

下向きに巻いた弦と上向きに巻いた弦 左が基本的な巻き方、右が上向きに巻いていった場合です。上向きに弦を巻くと弦のテンションを(少しだけ)低くする事が出来ます。応用的な巻き方としてアタマの隅に置いておいてください。
ペグを回す方向 弦を張る時、ペグは半時計回りに回します。逆に巻くと弦が他のペグに当たってしまうので、ここは間違えないでください。
ペグを巻く方向(高音側)

高音側のペグも同様に半時計回りに回します。

(ごく稀にペグのまわる方向が反対のギターがあります。それはペグの右と左を間違えて取り付けているダメギターです。ペグを反対向きに巻いて弦を張っている場合もそうなるので、これも正しい弦の巻き方をしてないダメギターです。)

正しい弦の状態 ペグをまわる方向を間違えなければ、弦がペグに対して内側から巻かれていきます。繰り返しになりますが、ペグを巻く方向だけは間違えないでください。
ペグを巻く方向を間違えた場合。5弦が6番ペグに当たってしまっています。そうするとチューニングが安定しないし見た目もかっこ悪いです。

ここで紹介した巻き方だと1弦のチューニングが安定しない場合があります。そんな時は余った弦をペグにひっかけるように巻いてください。言葉だけだと分かりにくいですが、「余った弦の方を」ペグに一周させる感じでペグにきつく巻き付けるといいです。

今回紹介した弦の巻き方が多分一番簡単な弦の張り方になります。覚えるのが簡単なだけでなく、弦を外す時に弦が外れやすいというメリットもあります。頻繁に弦交換される方にもおススメです。

余った弦を切る

余った弦は3mm〜5mm程度残してニッパーで切ります。あまりギリギリで切ると弦がペグから外れてしまう場合があるので気をつけてください。これで弦交換はおわりです。

弦を張り終えたら、今度はギターのチューニングをあわせましょう。

管理人がおススメするK-Garageの弦です。この弦の特徴は、安い弦にありがちな音色のバラつきや巻き癖がなく、ストロークした時のまとまり感があることです。この安さでこのクオリティーは素晴らしい。特に最初の頃は弦交換に失敗して弦を切ってしまう確率が高いので、セットで何個も替えの弦を持っておけば安心です。僕が自信を持っておススメする弦です。

サイトトップ>ギターメンテナンス>

ギターや弦の通販サイト、バンドスコア取り扱い店のおススメサイトはこちら → ギターリンク集
初心者のためのアコースティックギターサイト
初心者のためのアコースティックギターサイト k.natsu.brand.81
Acoustic guitar site for All beginners
リンクはご自由に。(C) by k.natsu 2007 All rights reserved.