鉄骨の材質


1.建築構造用鋼材の種類

鋼材にはさまざまな種類があり、いろいろな分類方法がある。製鉄工程をマクロ的に理解するには、使用目的に応じ使いやすい形に変形加工される形状面からの分類が役に立つ。建築構造用鋼材の形状の種類をあげると、おおまか表1のようになる。

表1
名 称 通 称 用 途
H形鋼 H 細幅・中幅・広幅と3つのタイプがあり、ラーメン構造の各所で用いられる。
角形鋼管 コラム 正方形・長方形があり、特に正方形のものは耐力に方向性が無い為、純ラーメン構造に向いている。
鋼 管 パイプ 円形断面の形状を生かした柱やトラスの材料としても用いられる。
山形鋼 アングル 等辺・不等辺があり、下地材やトラスの材料としても用いられる。
軽量リップ溝形鋼 Cチャンネル
シーチャン
リップ溝形鋼と呼ばれ、胴縁や母屋などの下地材に使用される。


2.JIS規格品等の定義

建築物の構造部材として使用できる鋼材は、表2に示すJIS規格品、JIS規格同等品及び国土交通大臣認定品である。

表2
名称 性 質 用 途
SS SS400 一般構造用圧延鋼材 鋼材の中で最も一般的なもので一番多用されている。 基本的部材
SM SM400
SM490
溶接構造用圧延鋼材 SS材より溶接性能を良くした鋼材で、溶接性能によりA,B,Cの等級がある。 H形鋼を使用するSRC造の柱、梁やS造ラーメン構造の梁などに使用される。SSより高価である。
STK STK400
STK490
一般構造用炭素鋼管 材質はSS材に類似。 鋼管(パイプ)の規格材と考えればよい。
STKR STKR400
STKR490
一般構造用角形鋼管 SS材を使用し、JISで定められた工程、品質で加工された製品。 角形鋼管の規格材と考えればよい。
BCR BCR295 冷間ロール成形コラム 冷間ロール製法はBCR ラーメン構造の柱に利用される角形鋼管
STKRより高価である。
BCP BCP235
BCP395
冷間プレス成形コラム 冷間プレス製法はBCPという。
SSC SSC400 一般構造用軽量形鋼 材質はSS材と同等。 C形鋼等の軽量形鋼で雑部材として使用される。
SN SN400
SN490
建築構造用圧延鋼材 溶接性が良くなると共に、降伏点を超えても破断しにくいねばり強い性質を持つ。材料性能によりA,B,Cの等級がある ラーメン構造のダイヤフラムなど、特定の部位に使用される。89'の新耐震設計法以降登場した新しい材料。SMより高価である。

3.鋼材検査証明書

a) 鋼材検査証明書とは
鉄鋼メーカーが、規格が指定された鋼材を受注した場合に、その製造結果が指定された規格などの要求事項を満足している事を証明した書類のことで、一般に「ミルシート」と呼ばれています。正式には「鋼材検査証明書(Inspection Certifcate)」又は単に「検査証明書」と言います。尚、「鋼材検査証明書」は発注者が要求(項目も)した場合にのみ発行されます。

b) 鋼材検査証明書の必要性
規格の無い鉄板は鉄屑であり、鉄鋼メーカーが規格を証明する唯一の証明書がミルシートであり受注企業(販売企業)は受注先企業(販売先企業)に対して、ミルシートの提出義務が生じます。ミルシートが出ないものについては無規格品とし化学成分値および材質試験値が保証されておらず、品質のばらつきが大きいと考えられるので、主要構造部材には使用しないものとされています。尚、当工業会組合員はJIS規格品を使用し無規格品は使用しません。

「鋼材検査証明書(ミルシート)」様式の一例



性能評価製作検査鉄骨の材質
溶接耐震補強工事



Copyright(c)2002 Kumamoto Steel-Structure Fabricators Cooperative Society All rights reserved