知らなきゃソンする!?『孫子の兵法・必勝の活用術!』


【004】趣味を活かして勝ち組になろう!

〓【孫子曰く】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
『水の形(かたち)は高きを避けて下(ひく)きに趨(おもむ)く。
               兵の形は実(じつ)を避けて虚(きょ)を撃つ』
                               
(現代語訳)水の流れは、高い所をさけて、低いところを流れる。
      戦闘も強い所をさけて弱い所を攻めるべきである。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓【虚実篇】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★       趣味を活かして勝ち組になろう!       ★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〈タク〉先生!今日は前回、話していただけなかったネットショップについて
    お話してくれるんですよね!!!

《孫子》ん?そうじゃったかの??

〈タク〉この前は、お腹がイタイから無理!!って逃げちゃったじゃ無いですか!

《孫子》失礼なっ!逃げておらんぞ!
    本当にお腹ちゃんが痛かったんぢゃ!!

〈タク〉ほんとかなぁ・・・ちょっと前までは元気そうだったけどぉ??

《孫子》ふふふ!逃げも兵法ぢゃ!覚えておくが良いぞ!
    『三十六計逃ぐるにしかず』ぢゃ!
    逃げるべき時には逃げて身の安全をはかることが、
    兵法の最上の策なのぢゃ!

〈タク〉おお!これも先生の兵法ですか?

《孫子》いや、これはな、宋の名将、檀道済(だんどうせい)が言ったものなん
   じゃがな。ま、わしの兵法からの応用じゃぞ!絶対!!

〈タク〉ほほぅ・・・・
    って、それじゃ、ネットショップの話しはウソですか?
    やっぱり逃げたんじゃ無いですか!!

《孫子》ばかもん!逃げておらんわい!
    ちゃんと調べて・・・いや、最初からあったわいっ!!

〈タク〉あ、今、調べて・・・って言いませんでした?

《孫子》言っとらん!言っとらん!
    そんなに信用しないんだったら・・・教えてやんないでおこうかなぁ〜

〈タク〉す・すみません!!先生!!是非、秘策をお教えくださいませぇ!!!

《孫子》しょうがないのぉ〜。
    では、ネットでモノを売って上手い事いっておるAちゃんについて
    お話ししようかの。。。
   
    ほれっ!耳を貸しんさい!

〈タク〉はい。

《孫子》ボソボソボソ・・・・

〈タク〉ふむふむ。

《孫子》ボソボソボソ・・・・

〈タク〉ほうほう。

《孫子》ボソボソボソ・・・・

〈タク〉なるほど!

《孫子》な!工夫次第で、ネットショップにも応用できるのぢゃ!
    ちゃんとタクちゃんから、読者の皆さんにも説明してやるがよい!

〈タク〉ありがとうございましたぁ!!!

……………………………………………………………………………………………
というわけで、孫先生から聞いたお話をさせていただきます!
本日はネットだけでモノを売り、好成績をあげている
Aさんのお話です。

彼の扱う商品は、現地で買い付けてきたアジアの珍しい民芸品や楽器です。

趣味でそう言った物に興味があった彼は、そう言った物を現地で買い付け、
ネットにて販売しているのです。
ここで重要なのは、商品を見る目だそうです。
マニアに受ける商品、そうじゃ無い商品を見分けて買い付けるのです。

さすがに、大手ではここまで出来ません。
趣味が高じてのことですので、
社員をそこまで教育することは難しいしやらないでしょう。
人材の確保の面でも困難です。

ですので、結果Aさんは競合のない独占状態となることが出来たのです。
もちろん、同じ趣味をもったBさん、Cさんが登場する可能性はありますが、
その場合は、BさんCさんとは少し違う角度から
攻める研究をすれば良いのです。

また、ネットでの販売ということで、近所にそういった店が無い所でも
商品を手に入れられることが出来るので、
お客さんの方でも便利なわけです。

もちろん、HP上で商品を説明する欄では、手にとって見れない分、
詳細な説明を加えます。

ネット上での大手のショッピングモールとは、
ここで差別化ができるわけです。

大手のネットショッピングモールでは、商品点数が多い為、
決め細やかな説明部分がどうしても手薄になります。
ですので、現地でしか手に入れられないレアな商品に絞って、
一つの商品にたいする写真点数も多めに載せるなどの工夫ができます。

あとは、商品送付時に、きめ細かな案内書や入手の経緯なんかも
載せてあげられたら、満足度はもちろん上がるでしょう。
そしてリピーターになってくれる可能性も飛躍的にあがるのです。

競合がいる場合は、こういった『虚(きょ)を撃つ』やり方。
すなわち、競合ではできないやり方で展開し、
結果競合がいない状態でトップになる。
これが、実に効果的な営業戦略となりうるのです。

例えば、
・よそではできない、オリジナル商品。
・よそではできない、決め細やかなサービス。
・リピーターへの細かなフォロー戦略。
などがそうです。

これらは、商品に対する自分自身のこだわり!がものを言い、
ファンを獲得するに至るのです。

Copyright(c)2003 Taku All Rights Reserved.