表紙へ
ご由緒 祭事(お祭り) 日向神話館 ご祈願案内 写真集(夏・冬) 交通案内
境内パノラマ 奉納・寄進
日向の国 七福神めぐりのごあんない
1.25Mbご由緒(詳細)はここをクリック
略記はここをクリックpdf
御祭神
青島神社全景
ひこほほでみのみこと
彦火火出見命
とよたまひめのみこと
豊 玉 姫 命
しおづつのおおかみ
塩 筒 大 神
 青島神社は彦火火出見命が海積宮からご還幸された御宮居の跡といたしまして「彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神」の三神をおまつりいたしております。
 奉祀の年代は、明らかではございませんが平安朝の国司巡視記「日向土産」の中に「嵯峨天皇の御宇奉崇青島大明神」と記されてあって(約千二百年前)、文亀(室町時代・約五百年前)以降は、藩主伊東家の崇敬厚く、社殿の改築、境内の保全に力を尽くし、明治以後は御祭神の御威霊を仰ぎ熱帯植物繁茂する国内絶無の霊域をたずねる人々いよいよ多く、縁結・安産・航海・交通安全の神として、御神威は益々輝き今日に至っている。
境 内 神 社 御 祭 神 名 等
わだつみじんじゃ
海積神社
豊 玉 彦 命(とよたまひこのみこと)

少 彦 名 命(すくなひこなのみこと)

いそ  じんじゃ
石神社
彦 火 瓊 瓊 杵 命(ひこほのににぎのみこと)

木 花 咲 屋 姫 命(このはなさくやひめのみこと)

磐 長 姫 命(いわながひめのみこと)
みおやじんじゃ
御祖神社
青島神社氏子神徒の祖霊並びに氏子戦病死者の霊を祀る
もと  みや
元 宮
青島神社の元宮と伝えられる。
元宮跡から、弥生式土器、獣骨等が出土し、古い時代から小祠があり、祭祀が行われたものと推定される。

日向之国七福神
日向の国 七福神めぐりのごあんない
クリックジャンプ
幣殿の弁財天と恵比寿神 幣殿右側御鎮座 べんざいてん
弁 財 天

知恵の神
日向神話館内の宝船七福神です。
七福神めぐりにジャンプクリックジャンプ
幣殿左側御鎮座 えびすじん
恵比寿神
律儀の神


神社参拝の作法へクリック−ジャンプ
神社参拝の作法はここをクリック
上をクリックすると手水の作法とお参りの作法を解説

                                                    ↑ページの上に
神 話(簡易) 『ご由緒(詳細)はここをクリック』pdfファイル形式をご覧下さい。

彦火火出見命は「海幸彦・山幸彦」のお話の山幸彦でございます。兄の海幸彦から借りた釣り針をなくしてしまい、海辺で困っているところに塩筒大神が現れ、わけを聞くと船を造り海の中に探しに行くように言われた。山幸彦はその船で海の中になくした釣り針を探しにいかれ、塩筒大神の言われた通り井戸のそばの木の上にいたところ、海神の侍女が井戸に水を汲みに来て山幸彦に気付き、海神の娘豊玉姫に知らせます。豊玉姫が父の海神に報告しましたところ、山幸彦は海神の宮でおもてなしを受けます。するとあっという間に三年が経ち、ある日ため息をつかれます。いったいどうしたのかと尋ねられると海の中に来たわけを話します。話を聞いた海神は魚たちを集めて鯛の喉から釣り針を見つけられたのです。その釣り針を持って陸にお帰りになる山幸彦は海神から「塩満瓊(しおみつたま)と塩涸瓊(しおひるたま)」の二つの瓊をいただきます。山幸彦は海神から言われた通り意地悪をしてきた兄の海幸彦を塩満瓊を取り出して溺らせ、あやまってきたら塩涸瓊を取り出して許してあげました。それから兄弟仲良く暮らしました。

 


特殊なお守り「神ひな」 
 
 縁結びを始め、あらゆる和合をもたらす神様として信仰の篤い彦火々出見命とその御后豊玉姫命を御祀り申上げた青島神社では、古例に依る神ひなの御守を一般に授与しております。古くは安永年間(1772〜1781)の記録にも、神ひなの事が載っていて、今日でも別名夫婦びな又は願かけびなと申し結縁、安産、病気平癒家内安全、海上、交通安全はもとより、あらゆる願いを此の神びなに掛けて御神前にお供へ致します。現在は、自宅の神棚または綺麗な所にもお祀り致しております。
 男びなは下膨れの顔に金鳥帽子、女びなは瓜実顔に振分髪、赤藍の格子高縞の衣に金の帯をしめた優雅な姿をしております。
元来雛はひとがた(人形),の意味で、人の形に似せて作り、それに人々の災厄を負はせて罪けがれを祓ったものであります。青島神社神ひなはその形式も古く、願掛けの古習も良く伝えていて、特殊な御守としで有名なばかりでなく郷土色豊かな信仰上の芸術作品でもあります。
 



島内案内
御境内 周囲 約1,000m      面積  13,479坪  《449.3アール》
 境内の天然記念物                              ↑ページの上に

○青島熱帯植物産地

 史蹟名勝天然記念物保存法に依り大正10年3月3日国指定

○特別天然記念物
陸地に近い島で本土にくらべて特異な植物が繁茂した北半球最北の貴重な群落である。自生栽培植物は226種で熱帯及び亜熱帯植物27種を算し、その代表的な植物ビロウ(ヤシ科)の成木は約5000本である。ビロウの純林は群落地の6分1を占め、最高樹齢350年を越える。ビロウ樹の成因は古来の遺存説と黒潮にのり漂着したとする漂着説がある。
 亜熱帯性植物群落 昭和27年3月29日国指定

○天然記念物《通称 鬼の洗濯板》
周囲の岩盤は、新第三紀(2400万年から200万年前迄)海床に堆積した砂岩と泥岩の規則的互層が傾き〔走向北三十度東、傾斜二十度東〕海上に露出し、波浪の浸蝕を受け、堅さの違いにより凹凸を生じたものである。岩上には、ひびや断層が多く団塊(だんこん)や浸蝕による蜂こうがみられる。
青島の隆起海床と奇型波蝕痕 昭和9年5月1日国指定  


青島の亜熱帯植物

青島の植物相の景観をつくっている最も大きな原因は、島内の植物の約80パーセント余の面積を占める亜熱帯性植物のヤシ科に属するビロウである。これはいかにも熱帯地方のヤシ群落を思わせるのに十分である。内部の原生林は、昼間も暗いぐらいうっそうと茂る木々につる植物がまつわりつき、熱帯のジヤングルさながらで、よく「青島は熱帯値物のヤシが繁茂している。」と言われるのも、もっともなことだと思われる。青島はまた、植物の数から言っても実に豊富で、シダ類以上の高等植物を75科、226種を数えることができる。
この内、約87パーセントまでが自然生のものであって、面積わずか4万平方米、周囲約千米の小島の中に、このように多くの植物数をもっていることは、これまた本島の誇りとしてよい点である。青島の植物相を特徴づけるものは、何といっても亜熱帯植物の多いことである。種類の数から言っても全植物の約13パーセントに当たり、これらの植物は本州西南部暖地から、四国・九州を経て、沖縄・台湾あるいは東南アジア・熱帯地方へと分布するものである。

                                              ↑ページの上に
  
  弥生橋(青島に架かる橋)

 大正9年3月皇太子殿下(昭和天皇)行啓の節、架設された。供奉として来島された御歌所の入江為守所長が東宮殿下の行啓に因みてこの橋の名をつけた。
現在の石橋は昭和26年9月2日の竣工である。